感音性難聴とは?

《ひゃんりぶろぐ》

感音性難聴とは、聴神経や内耳の感音器の損傷によって聴力に障害が発生する疾患です。内耳には聴力をコントロールする蝸牛が存在しますが、この蝸牛によって音が電気信号に変化し、聴神経から大脳聴覚部に音として伝わる仕組みになっています。そして感音性難聴とは、この音を感じる内耳と聴神経の部位で障害が起こり、聴力に問題が生じる状態をいいます。

感音性難聴の症状としては、聞こえる音の範囲が狭まってしまうことが挙げられます。聞こえない範囲が徐々に広がりを見せるのが特徴です。また音がぼやけてしまうのもよくある症状のひとつです。はっきりとしたメリハリのある音の聞こえではなく、ぼやっとした感じの音の聞こえになります。

感音性難聴の原因とは?

感音難聴の原因は様々ですが、先天的な原因と後天的な原因の2つに分けられます。

先天的な原因による難聴(先天性難聴)は、出生時に難聴が生じています。新生児に最も多くみられる異常です。主な原因は、遺伝性、または胎児期の発達異常です。ワクチンが開発されるまでは、妊娠中に母親が風疹にかかることが、先天性難聴のもっとも一般的な原因でした。←私の場合は原因不明だけどおそらくはこれだと思う。

一方で、出生後に発症する難聴(後天性難聴)には、外傷、加齢、過度の騒音、メニエール病、髄膜炎など、様々な原因が考えられます。ほかにも、特定の薬剤によって難聴になることもあります。聴覚機能に影響を与えるとしても、生命を脅かす症状を治療するために、これらの薬剤が投与される場合があります。また、聴神経にできた腫瘍も、難聴の原因となり得ます。

最近でも、芸能人でも突発性難聴、メニエール病でも似たようなもんですが突発性難聴は、とても辛くて苦しむ人もたくさんいます。

感音性難聴についてのお話を記載するのを忘れていて、ごめんなさい

コメント

タイトルとURLをコピーしました